©2017 by Kazumi Wines LLC. Created with Wix.com

    • Facebook Social Icon
    • Instagram Social Icon
    NAPA VALLEY

    SHOP

     

    ABOUT

    和美

    和(kazu) meaning harmony and 美(mi) signifying beauty. This wine encapsulates the spirit of Kazumi and is meant to be enjoyed in the company of family, friends and a nice meal.   

    Michelle Kazumi Sakazaki with Michel & Claudine Perret

    和美

    和は調和を意味し、美は美しさを意味します。

    このワインは和美の精神を汲み、家族や友人達と、

    食事を、共に楽しむために造られています。

     

    ミッシェル・和美・坂崎

    ミッシェルはアメリカ、カリフォルニアで生まれ、東京で育った。東京アメリカンスクールを卒業後カリフォルニア大学デイビス校に進みファッション・デザインを専攻する。卒業後デザインを追求するためイタリアのマランゴーニ学院でマスターを取得し、ミラノでミッソーニ、ニューヨークでアルマーニ・エクスチェンジのファッション・デザイナーとして働いていた。ワインへの愛は、イタリアでの5年間の生活において、ワインは毎日の生活に欠かせないというイタリアン・カルチャーに影響を受けたことによる。そこでワインそのものが、ファッション・デザインにはない、スタイルとデザインの多くの要素を持つことに気がついた。そして、アパレル以上に多くの表現手段があると思い始める。ワインにそれを見出したのである。世界のあらゆる所でワインと食が人々を引き付ける万能な要素であることに心を奪われた。そしてまるで運命のように、まさにその時、父親がナパ・ヴァレーで90 PLUS WINE CLUBをスタートさせ、そのビジネスを構築し管理するために彼女を誘う。そしてこの8年、90 PLUS WINE CLUBのジェネラル・マネージャーとしてナパ・ヴァレーで働いてきた。ワインの仕事に関わってミッシェルは何百ものワイナリーを訪れ、世界中の素晴らしいワインを数え切れないほど試飲してきた。そして自然の成り行きとして、自身のワインを造ることを夢見始めたのである。そのためにWSET(ワイン&スピリッツ・エデュケーション・トラスト)の確定資格も取得した。2015年、家族ぐるみの付き合いをしているペレー家から、彼らのラザフォードのヴィンヤードで育った最高級のソーヴィニヨン・ブランの葡萄を提供してもらえる事となり、ミッシェルはこの大いなるチャンスを生かしKazumi Winesを造りあげた。

    ワインメーカー ケール・アンダーソン

    ケール・アンダーソンは、創造性、戸外への愛、土地の管理責務などを奨励するようなコミュニティによって人々をワイン産業に導く土地柄のソノマで育った。彼は父親と同様に、薬剤を学ぶためにカリフォルニア大学デイビス校に進んだが、デイビスの植物生物学に惹きつけられる。学部の学生として、植物のDNA修復を研究した。冬はタホ湖で過ごし、夏はアラスカで商業的漁業を試みる。結果、科学的には満たされたが、想像力は満たされることなく、ケールは文化生物学の学際的学問専攻に移行する。専門を移行しながら、葡萄栽培とエノール製造学の初級コースをも視野に入れた。そしてそれが、今まで彼が経験してきた文化生物学の最も魅力的な融合であることにすぐに気づく。この発見が彼をワイン造りの道へと導いたのである。2001年、ケールはロシアン・リヴァーのJ ワイナリーでインターシップとして最初の収穫を行う。葡萄栽培とエノール製造学を卒業後は、スタッグス・リープとパルメイヤーのコルギン・セラーズ、テラ・ヴァレンタイン・ワイナリー、クリフ・レイディ・ヴィンヤーズで働いた。そして15年後の2016年、コンサルティングを開始した。ケールに関する詳しい情報は彼のウェブサイトへ

     

    Michelle Kazumi Sakazaki

    Michelle is Japanese American, born in California and raised in Tokyo. For the past 8 years, she has worked in Napa Valley as the General Manager of 90 Plus Wine Club. Prior to that, she was a fashion designer for Missoni in Milan and Armani Exchange in New York. Her love for wine began during her five years in Italy, as wine is an integral  part of everyday life and Italian culture. She realized that wine has many elements of style and design that are not part of fashion design and began to wish for a more expressive medium than apparel. She found that in wine. She loves how wine and food are universal elements that bring together people, regardless of whether you are in Italy, Japan, or anywhere in the world. She sees how food is used to feed all senses in Japan, how food and wine bind together families, friends, and even strangers in Italy. Almost as if it was fate, her father started 90 Plus Wine Club in Napa and recruited her to help build and manage the business. Michelle has visited hundreds of wineries and tasted countless amazing wines from around the world. Naturally, Michelle started to dream of starting her own wine label. In 2015, her good friends, the Perrets, offered her some Sauvignon Blanc grapes grown at their Rutherford vineyard. Michelle couldn’t pass up the great opportunity to design and create Kazumi Wines, a wine for all senses. 

    Kale Anderson, Winemaker (from 2016)

    Kale Anderson grew up in Sonoma County, where he was exposed to the wine industry by a community that encouraged creativity, love for the outdoors, and stewardship of the land.

    He attended the University of California, Davis intending to pursue medicine, like his father had, but instead found himself drawn to Davis’ Plant Biology program. As an undergraduate Kale researched DNA repair in plants. He spent winters in Tahoe, and tried his hand at commercial fishing in Alaska during the summertime.

    Feeling scientifically inspired but creatively unfulfilled, Kale transitioned into an interdisciplinary major in Nature and Culture. While changing his major, he stumbled upon an introductory course in Viticulture and Enology. It immediately struck him to be the most fascinating blend of nature and culture that he had experienced to date. This discovery set him on a focused trajectory toward winemaking.

    In 2001, Kale took his first harvest internship at J Winery, Russian River. After graduating BS Viticulture and Enology, he worked at Colgin Cellars, Terra Valentine Winery, Cliff Lede Vineyards in Stags Leap District and Pahlmeyer. After fifteen vintages, Kale began consulting in 2016.

    For more on Kale, visit his website here.

     

    CONTACT